スイス旅行記◇3 ザンクトガレン修道院

++ こちらは2011年8月1~22日に行ったスイスの旅行記です ++


2011年8月1日 【旅行1日目】

ザンクトガレンに来た目的は、世界遺産でもあるザンクトガレン修道院に行くためです。

c0180096_532192.jpg


=====
ザンクト・ガレン修道院は、スイスのザンクト・ガレンにある中世以来の歴史を誇る修道院。現在の建物は18世紀に建造されたものであって中世修道院の面影はないが、バロック建築の傑作として評価されている。また、かつて何世紀にも渡りベネディクト会の中心的修道院のひとつであったこの修道院の付属図書館には、数多くの写本や稀観書が収蔵されている。この修道院と図書館は、1983年にユネスコの世界遺産に登録された。 (wikipediaより)
=====







大聖堂の前には広い空間があったのに、離れた所からの写真がなし・・・。 緑の芝がとても綺麗だったので、これから行かれる方は是非離れた所から全景を撮ることをお勧めします。

c0180096_5255945.jpg






ここから大聖堂内へ入りました。

c0180096_525156.jpg






大聖堂内の天井画はとても素晴らしかったです。

c0180096_5251989.jpg


c0180096_5253195.jpg


=====
現在残る建物は1755年から1768年に建設された後期バロック様式のものである。カテドラルの内装はスイスに現存するバロック様式をとどめるものの中でも重要なもののひとつと見なされている。  (wikipediaより)
=====







次にもうひとつの見所でもある修道院図書館へ向かいます。 この辺りは旧修道院です。 

c0180096_5335835.jpg






全体の敷地面積がとても広く、どこから入るのだろう・・と少し迷いました。 

c0180096_5352813.jpg


c0180096_5355360.jpg



図書館内は撮影禁止。 見学は有料ですが、スイスパスを持っていたので無料でした。 荷物はロッカーに預け、靴の上からフェルトっぽい生地のスリッパを履いて入ります。 ヨーロッパ内の美術館や博物館は、大きめのバックや上着はロッカーに入れて見学するように言われることが多いです。 多くのロッカーはコイン返却型のものなので、多少の硬貨を持って歩いたほうが便利です。 (公衆トイレとかも有料の所が多いので。ミュージアムのトイレは殆どフリーです。)







地下にも展示品があったのですが、16時で閉館だったのでゆっくり見ることができませんでした。 ちょっぴり慌ただしい見学でした。

c0180096_5361452.jpg






UNESCOの世界遺産エンブレム。

c0180096_5365975.jpg






素敵な街並みを見ながら駅へと戻ります。 短すぎる滞在で本当に残念。

c0180096_5371611.jpg


c0180096_5373236.jpg


c0180096_5374916.jpg


ガイドブックによるとケーブルカーで高台へ上り、街を見渡すこともできるとのこと。 やはり数時間の滞在では不完全燃焼です。 またゆっくり来ることができますように。


++ 参考・引用 : 地球の歩き方 ・ wikipedia ++



つづく・・

前回記事はこちらです
この旅行記のもくじはこちらです
[PR]

by malulu_cafe | 2011-12-02 05:39

<< スイス旅行記◇4 ザンクトガレ... お祝いの会 >>