スイス旅行記◇54 マッターホルン・グレーシャー・パラダイスへ

++ こちらは2011年8月1日~22日に行ったスイスの旅行記です ++


2011年8月9日 【旅行9日目】

ヨーロッパで一番高い展望台、マッターホルン・グレーシャー・パラダイス(Matterhorn Glacier Paradise)へ行きます。 ツェルマット(Zermatt)の街の南端にあるゴンドラリフト乗り場から出発です。

c0180096_2214579.jpg






この8人乗りのマッターホルン・エクスプレスに乗ります。 混んでいる時などは相乗りですが、空いている時はグループごとに乗っているようでした。 私も貸切状態でした。

c0180096_2213533.jpg






ツェルマットの街がどんどん小さくなっていきます、

c0180096_221428100.jpg






マッターホルン・グレーシャー・パラダイス(別名クライン・マッターホルン)への行き方ですが、持っていった「'09~'10地球の歩き方スイス」にはフーリ(Furi)でロープウエイに乗り換えてトロッケナー・シュテーク(Trochener Steg)へ行き、そこからロープウエイで山頂駅へ、となっていました。(下の図の赤い経路です)

c0180096_22471145.gif

スイス政府観光局公式HPよりお借りしました






ところが今回は、フーリで乗り換えることなく、フーリ、シュヴァルツゼー(Schwarzsee)、フルック(Furgg)経由でトロッケナー・シュテークまで行くことが出来ました。 ツェルマットは標高1620m、トロッケナー・シュテークは標高2939mです。 とても楽しい空中の旅でした。

最初は下りればいいのか乗ったままでいいのか迷いましたが、この表示に従って乗っていけばいいようです。

c0180096_22141711.jpg






そしてトロッケナー・シュテークに到着。 ここで大きなゴンドラに乗り換えます。

c0180096_2216324.jpg






トロッケナー・シュテークから目的地のクライン・マッターホルンを眺めます。

c0180096_22165643.jpg






このとんがった山がそうです。 クライン・マッターホルンとは小さな(クライン)マッターホルンという意味なんだそうです。 確かにちょっと似ているかも。

c0180096_2217453.jpg






トロッケナー・シュテークは標高2939m、クライン・マッターホルンは標高3883m。 シャモニーのエギーユ・デュ・ミディ(標高3842m)よりも高いです。 勿論、富士山よりも。 それをこのケーブルにぶら下がって・・・。

c0180096_22175166.jpg






こんな大きなゴンドラがケーブルにぶら下がって・・・(しつこいですね)

c0180096_22181028.jpg






ここから見たツェルマット。

c0180096_22172582.jpg






マッターホルンは隠れていました。 上手い表現が見つかりませんが、立っている場所が一緒という感じがしました。

c0180096_22205729.jpg






そして勇気を振りしぼってゴンドラへ。。 景色は最高ですが怖いです。。

c0180096_22232059.jpg






下にゴンドラの影が見えました。

c0180096_22231780.jpg






あ、上からもゴンドラがやってきました。

c0180096_22234539.jpg






すれ違うぞー

c0180096_22234087.jpg






すれ違った♪

c0180096_2224990.jpg






氷河がどどーんと目前に。

c0180096_222462.jpg






怖くて全身さわさわ状態でした。 いい眺めだったのですが写真は殆どありません。。
ゴンドラからの眺めは他の方の旅行記を参考にしてください(笑)

c0180096_222434100.jpg






そしてヨーロッパ最高地点(の展望台)へ!

c0180096_22243149.jpg


++ 参考・引用:地球の歩き方・スイス政府観光局公式HP ++



つづく・・

前回記事はこちらです
この旅行記のもくじはこちらです
[PR]

by malulu_cafe | 2012-06-20 23:25

<< スイス旅行記◇55 マッターホ... スイス旅行記◇53 ツェルマットへ >>