北イタリア旅行記◇7 トリノ観光

++ こちらは2012年3月末に行った北イタリア旅行の記録です ++


【旅行3日目】

クールマイヨール(Courmayeur)そしてアオスタ(Aosta)へのショートトリップからトリノ(Torino)へ戻ってきました。 お腹も空いてきましたが、トリノの街も歩いてみようと思います。
《 Wikipedia: トリノ 》

c0180096_021863.jpg






トリノは、現在のイタリア(イタリア共和国)の前身であるイタリア王国の最初の首都でした。 イタリア統一運動の結果イタリア王国が建国するのですが、その際に主導力となったのがサヴォイア家(Casa di Savoia)です。 そのサヴォイア家はトリノそしてその周辺に、当時の最新建築技術を駆使した数多くの建物を残しています。 現在はそれらが「サヴォイア王家の王宮群」として世界遺産に登録されています。
《 Wikipedia: サヴォイア家 》
《 Wikipedia: サヴォイア王家の王宮群 》

トリノの中心部、カステッロ広場(Piazza Castello)にあるマダーマ宮(Palazzo Madama)。 一見するとバロック調の建物ですが、実は時代や様式の異なった部分から構成されているのだそうです。 古い部分は古代ローマ時代まで遡るとのことです。

c0180096_02753.jpg






カステッロ広場の様子。 奥に建っているのは王宮(Palazzo Reale)です。

c0180096_023918.jpg


c0180096_022750.jpg






中を見学できるのですが、見学時間が終了していました。。

c0180096_025951.jpg






王宮の隣に建つドゥオーモ。

c0180096_0247100.jpg






その後、町を歩きながら夕食に何を食べようか考えました。

c0180096_032465.jpg


c0180096_033461.jpg






で、沢山考えたけど、結局中華(笑) 最初にお断りしておきますが、今回の旅は別名「北イタリアの中華料理を巡る旅」です。 素敵なイタリア料理とかを載せられなくてゴメンナサイ。

c0180096_062054.jpgc0180096_044664.jpg







暗くなってからもう一度カステッロ広場へ。 やっぱり夜は綺麗です。

c0180096_074844.jpg


c0180096_08206.jpg






こちらはサン・カルロ広場(Piazza San Carlo)。 正面に並ぶ教会は、サン・カルロ教会とサンタ・クリスティーナ教会。 「双子の教会」と呼ばれているそうです。

c0180096_083055.jpg






ざざっと見ただけで終わってしまいましたが、数日滞在してゆっくり見る価値のある町だと思いました。

c0180096_083990.jpg

++ 参考・引用:地球の歩き方・wikipedia ++


つづく・・

前回記事はこちらです
この旅行記のもくじはこちらです
[PR]

by malulu_cafe | 2013-01-15 07:50

<< 16時の空と木と コンサートホール >>