中欧旅行記◇10

++ こちらは2008年8月5日~8月17日に行った中欧の旅行記です ++


2008年8月14日 【旅行10日目】

今日はチェスキー・クルムロフへ♪
ここは世界で最も美しい街のひとつとされている世界遺産の街です。
前々から行きたかったのですが、プラハから結構離れているので
無理かな・・・と半分諦めていました。
ところが日帰りが十分可能であることがわかったので行っちゃいました!

バスで3時間以上揺られ到着!
遠目にもかわいらしい街です。

c0180096_0235021.jpg






石橋を通って街の中へ。
その前に橋下へ下りてぱちり。

c0180096_0252274.jpg






緑がこんもりしていて本当に綺麗です。

c0180096_0241611.jpg






街の中を流れるヴルタヴァ川でボート遊びをする人たちが沢山いました。

c0180096_024371.jpg






街の中は観光客でぎっしりでした。

c0180096_0254839.jpg






街並みが本当にかわいらしい!

c0180096_02787.jpg


c0180096_0273196.jpg


c0180096_0311854.jpg






チェスキー・クルムロフ城の塔。

c0180096_0281359.jpg






小さい街ですがお城は大きいのです。
ボヘミア地方ではプラハ城に次ぐ規模だとか。

c0180096_0284146.jpg






裏通りは人通りが殆どありません。

c0180096_029928.jpg






こんな古い家も沢山ありました。

c0180096_0292960.jpg






チェスキー・クルムロフはエゴン・シーレの母親の故郷とのこと。
彼自身も第二の故郷としてこの街を愛したそうです。
ここは 『エゴン・シーレ文化センター』 の裏側。
ここには作品のほか彼が使った机等の家具やデスマスクもありました。
建物は古いビール醸造所を利用しているそうです。

c0180096_0294681.jpg






お城を別の角度から見るとこんな橋が見えました。
城の橋 『プラーシュティ橋』 です。

c0180096_030935.jpg






それではお城に行ってみましょう!

c0180096_0362533.jpg






場内へはこの 『赤い門』 から入ります。

c0180096_0365676.jpg






塔下の中庭にある建物。
この中庭の一角から塔へ登ります。

c0180096_0372193.jpg






塔の上からの眺めは最高でした。
近くにいた日本人の高齢のご夫婦が感動して
「お父さんすごいね~!来て良かったね~!」と繰り返しているのが
とても微笑ましかったです。

c0180096_038763.jpg






くぐって来た赤い門が小さく見えます。

c0180096_0384157.jpg






塔の下からずっと連なっているお城。
とてもかわいらしいのであまり高く見えない塔なのですが
実は結構高いのです。

c0180096_0392023.jpg






この屋根の色と街の雰囲気を好み
エゴン・シーレが街を上から見た絵を描いていました。

c0180096_0395422.jpg






メインのお城の入り口は工事中でした。

c0180096_040362.jpg






お城を出てブディェヨヴィツェ門方向へ。
この辺りの建物は結構新しく感じました。

c0180096_0435866.jpg






数箇所で売っていた筒状のパンのようなお菓子。
周囲の皮にお砂糖がまぶしてあるので蜂がよってきます。
棚の下に置いてあるのは蜂用です。

c0180096_0413899.jpg






街中でも売っていました!

c0180096_042674.jpg


夕方までゆっくり歩き回り、またバスに揺られてプラハへ。
結構強行軍でしたが行くことが出来て本当に良かったです。
できれば1泊してみたかったですが・・・。
(かわいらしい小さな宿が沢山あったので)

明日はベルリンへ移動です。


つづく・・

前回レポートはこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪
[PR]

by malulu_cafe | 2008-08-14 22:21

<< 中欧旅行記◇11 中欧旅行記◇9 >>