中欧旅行記◇12

++ こちらは2008年8月5日~8月17日に行った中欧の旅行記です ++


2008年8月16日 【旅行12日目】

カメラが使えないので写真ナシです。。。
私自身もとっても残念。

今日はベルリンから少し離れたポツダムへ。

ここは宮殿が沢山ある街なのですが
東西分裂時期には東側だったため簡単に観光が出来ませんでした。
現在は「ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群」として
世界遺産にも認定されており観光に力を入れています。

Sバーンと呼ばれる近郊電車で約45分で到着。
ポツダム中央駅は近代的な新しい駅です。

まずはプロセイン王国時代の1745年から建てられた
フリードリフ大王の離宮 『サンスーシ宮殿』 へ。
ここの公園(庭園?)は本当に広く、その中に6つの宮殿が建っています。
『新宮殿』 と呼ばれる宮殿はヴェルサイユ宮殿を模して建てられたものとか。
公園の広大さや宮殿のすばらしさはヴェルサイユ宮殿に負けないくらいでした。

次に少し離れた 『ツェツィーリエンホーフ宮殿』 へ。
ここは1917年に皇太子ヴィルヘルム2世のために作られた宮殿です。
そして第二次世界大戦後、アメリカ・ソ連・イギリスの首脳が集まり
ポツダム会談を開いたところでもあります。
現在は半分以上がホテルとして使われています。
とてもかわいらしい宮殿でした。

ツェツィーリエンホーフ宮殿の周囲にも公園や庭園が続いています。
雨が降りそうだったのですが、急いでできるだけ見て回りました。


ポツダムの宮殿群は本当にすばらしいと思ったのですが
やはり分裂していた時期の手入れが悪かったのか
かなり保存状態が悪く感じました。
今、一生懸命に修復中という感じでした。
もう少し年月が過ぎれば、きっと大きな観光スポットになると思います。

ポツダム駅に戻って駅構内のお店をいろいろと見ました。
一番嬉しかったのは「ダンキンドーナツ」♪
日本を離れてからずっとミスタードーナツが恋しかったのです。
久々のドーナツ、美味しかったです♪


つづく・・

前回レポートはこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪
[PR]

by malulu_cafe | 2008-08-16 20:15

<< 中欧旅行記◇13 中欧旅行記◇11 >>