南イタリア旅行記◇3  ヴァティカン博物館

++ こちらは2009年6月27日~7月11日に行った南イタリアの旅行記です ++


2009年6月28日 【旅行2日目】  ++ in ヴァティカン市国 ++

ヴァティカン博物館は今回の旅行で最も楽しみにしていた所のひとつです。
(最も・・がいくつもありましたが)

c0180096_15275044.jpg


サンピエトロ寺院に隣接するローマ教皇の住居がヴァティカン宮殿です。
その宮殿の大部分が20以上の美術館や博物館等で占められています。 
展示されている品々は歴代の教皇が集められたもの。 そしてその起源は1503年に教皇になったユリウス2世の古代彫刻のコレクションとのことです。
非公開の部分もあるのですが、公開されているところを一巡するだけでもかなり時間がかかります。 そして各所に有名な作品があるので、じっくり見ていると時間がいくらあっても足りません。。 建物自体もすばらしいので美術館はあまり興味がない・・という方でも十分楽しめる所だと感じました。


まずは絵画館から。
ヴィザンティン時代から現代までの宗教画を中心とした作品が展示されています。
各部屋の天井が美しく印象的でした。

c0180096_15284451.jpg






15世紀のイタリアの画家メロッツォ・ダ・ファルリの「奏楽の天使」。
もともとはサンティ・アポストリ聖堂に描かれてあったフレスコ画で、1711年の改築時に剥がされこのような断片的な状態で残されているそうです。

c0180096_152956.jpg






ヴァティカンの紋章が含まれている作品。 天国の鍵を天使が掲げています。

c0180096_15293214.jpg






ラファエッロの作品が展示されている部屋です。
作品を守るために照明が暗く、ぶれていてごめんなさい。

c0180096_15295490.jpg


こちらの部屋は壁の一面に絵が展示されてあり、他の三面にはタペストリーが展示されています。 そのタペストリーはラファエロが下絵を描き、ブリュッセルで織られたものだそうです。 タペストリーと言ってもビックリするくらい大きく見事なものばかりでした。
ぶれぶれの写真ばかりだったのでお見せできず残念です・・。







部屋の中心に展示されていたラファエッロの「キリストの変容」。 この絵の主題は「キリストが天の声を聞き自分は神であるということを示す」という聖書の一場面なのですが、同時に「悪魔にとりつかれた少年に奇跡を起こす」場面も描かれています。

c0180096_15301430.jpg


今回の旅行で沢山の絵を見ましたが、この作品はその中でも特に印象的でした。
この作品は37歳でこの世を去ったラファエッロの最後の作品とのこと。 完成する前に亡くなったので、一部は弟子の手が入っているそうです。







絵画館を見学後、ピーニャの中庭へ。

c0180096_15311361.jpg






ピーニャとは松ぼっくりのことだそうです。 このピーニャを中心とした辺りはピーニャの大壁龕と呼ばれているそうです。 ここに飾られているピーニャはなんと古代ローマ時代のもの。 そしてその左右に階段があるのですが、その階段はミケランジェロ作です。

c0180096_15351998.jpg


この松ぼっくりの形をした飾り、今回あちらこちらで見かけました。
玄関の門に飾っている家が多かったように思います。







ピーニャの中庭を経てピオ・クレメンティーノ美術館へ。 ここは18世紀後半に作られた古代彫刻を中心とした美術館です。

c0180096_1535537.jpg






そこを過ぎると小さな中庭に出ます。
この八角形のベルヴェデーレの中庭には古代彫刻の傑作が展示されています。

c0180096_15362222.jpg






その中で異色はカノーヴァ作「ペルセウスとメデューサの首」。
1800年前後に作られたものです。

c0180096_1537663.jpg


実はこちらの多くのコレクションがナポレオンに奪われてしまったため、教皇がカノーヴァに依頼して作らせたのだそうです。 カノーヴァはその後奪われたコレクションを送還するための総指揮者に任命されています。







エジプト博物館もありました。

c0180096_1538626.jpg






そしてタペストリーが両側の壁にずらりと並んだギャラリー。
こちらも作品を保護するために照明をかなり落としていました。

c0180096_15382941.jpg






そしてイタリア各地の地図を集めた地図のギャラリー。
こちらは特に天井が豪華ですばらしかったです。

c0180096_15385472.jpg






やっぱりイタリアはブーツの形をしていますね。

c0180096_15463690.jpg






こちらはヴェネツィアです。
よく見るとヴェネツィアもブーツっぽくないですか? ちょっと太めですが・・(笑)

c0180096_1547810.jpg






壁に展示されている作品も勿論すばらしかったのですが、各部屋ごとに雰囲気の違う天井が感動的でした。 特に角の部分など遠近感や立体感を巧みに利用し、奥行きを感じさせるところや、絵ではなく彫刻?と見間違えるようなところさえありました。 優しい雰囲気、豪華な雰囲気等々いろいろあり、その場にかもし出される雰囲気は視覚的な要素を多分に含んでいるんだなぁ・・と実感しました。(家のインテリアもそうなんでしょうね・・)

c0180096_15473496.jpg






こちらは沢山の人たちが写真を撮っていた天井画です。
作品名は控えてこなかったのですが、柔らかく上品な雰囲気で素敵な絵でした。

c0180096_15485512.jpg

参考・引用:地球の歩き方 ウィキペディア



つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪

by malulu_cafe | 2009-07-25 18:07

<< リスとこんにちは 夏といえばイチゴとアイス >>