教会の遺跡 in シグテューナ


スウェーデンの古い町のひとつに数えられているシグテューナ。 先日はメインストリートを中心に町の様子をご紹介しましたが、まだまだ見どころがあるんです。

それは教会の遺跡。 中世時代には7つの教会があったそうですが、現在はそのうちの3つが残っています。 建てられたのは12~13世紀頃で16世紀頃まで実際に教会として使用されていたそうです。


「聖ペール教会」

c0180096_7103067.jpg





「今日はおやつありませんよ」
「えーーーーーーーー! 」
と、いうような顔に見えませんか???

c0180096_7112597.jpg





「聖ラーシュ教会」

c0180096_7124336.jpg





恥ずかしがりやさんの教会でした。

c0180096_71381.jpg





「聖ウロフ教会」

c0180096_714421.jpg





3つの教会の中で一番状態がよかったです。 石や煉瓦の積み方を見ているとワクワクしてきちゃいます。

c0180096_7151327.jpg





聖ウロフ教会のすぐそばに建っているのが1248年築の「聖マリア教会」です。
以前は修道院だったようです。

c0180096_716229.jpg





教会の中には古い壁画が残っていました。 パンフレットには1300年代と1500年代からのものがある・・と書かれてあったのですが、どれがどの時代のものなのかよく分かりませんでした。 でも色使いや絵が可愛らしくてとても素敵でした。

c0180096_7173165.jpg


c0180096_7182036.jpg


c0180096_7185087.jpg





教会の入り口近くにあったパイプオルガン。 丁度演奏を聴く事ができました。
パイプオルガンの音色って本当に心が穏やかになりますよね。 大好きです。

c0180096_7191999.jpg


全て感じの良い街でした。 是非また来たいです♪


参考・引用:シグテューナ観光案内所の日本語版パンフレット








c0180096_18101645.jpg9月24日夜ごはん
◎広島焼き


全てぐるぐる混ぜて作るお好み焼きも綺麗に仕上げることが出来ない不器用な者にとって広島焼きはハードルが高すぎます・・。
でも初めて形ある状態で出来上がりました~041.gif 
キャベツが硬いのが分かっていたのでレンジでチンしてから挑んだのですが、やはり硬かったです・・。でもこういうキャベツなので仕方ないですよね♪ 普通のお好み焼きもまた頑張ってみよう~ 


[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-25 18:27 | スウェーデン生活

<< バスとトトロ 南イタリア旅行記◇17  古代... >>