わたしのおふねマギーB


船が好きです。 それも小さな船♪

c0180096_23531257.jpg




と言っても、船に乗ること自体は怖いのですが、
あの小さな空間に全てがぎゅっと詰まった感じが此の上なく好きなのです。

c0180096_2355429.jpg




船が好きになった一番のきっかけはこの絵本です。

c0180096_8285479.jpg



小さい頃、病院の待合室で何度も読み、子供心にもとても感銘を受けた本です。

いつもこの本を読むのが楽しみだったのですが、ある日突然消えていて、とてもがっかりしたのを今でも覚えています。

その後ずっと忘れていたのですが、大人になってから思い出し探しました。

「船の絵本」だったということしか記憶に残っていなかったので、探すのはかなり大変でしたが、本屋に行く都度、絵本コーナーを探してやっと見つけました。


大人のいない小さな船という空間で、主人公の小さな女の子が弟と一緒に1日を過ごすという内容なのですが、おままごと好きな女の子の好きなものがぎゅっと詰まっているような感じです。 そして絵がとても素敵。 大人になってから読んでも「いい絵本だな」と思いました。

そして・・・・やたら美味しそうなのです(笑)
シナモンとはちみつをかけて焼いた桃とかマフィンとか海のシチューとか・・・012.gif
きっとこれらに惹かれたんだろうなぁ・・と我ながら可笑しかったです。



広い部屋も素敵ですが、やっぱり私は小さな居心地のよい部屋に必要なものがぎゅっと詰まった感じが好きです。 だから小さな船に惹かれるのかもしれません。

c0180096_23553487.jpg





私は基本的にモノを所有しないようにしているので、小さい頃読んだ本も手元に残っていないのですが、この絵本だけはあちらこちら一緒に引越ししてます。 でも忘れられない絵本や児童書は沢山あります。 忘れないように少しずつ書き留めていくのもいいですね。

c0180096_23554993.jpg


「わたしのおふねマギーB」
  アイリーン・ハース 作・絵
  福音館書店

 一度絶版になったようですが、復刻したという記事も見たように思います。
 洋書「THE MAGGIE B」はまだ出版されているようです。

[PR]

by malulu_cafe | 2009-10-28 09:41

<< 頭の筋肉痛 歩行者は右側通行? >>