南イタリア旅行記◇32 青の洞窟 sanpo

++ こちらは2009年6月27日~7月11日に行った南イタリアの旅行記です ++


2009年7月3日 【 旅行7日目 】  ++ in カプリ島 ++

今日は 「Grotta Azzurra」 こと 青の洞窟に行きます!!!

c0180096_6465248.jpg





青の洞窟はカプリ島にあります。
ソレントからカプリ島までは水中翼船で約30分です。

c0180096_6473680.jpg





船の中です。 椅子のカバーがイタリアちっくで可愛かったです♪

c0180096_648451.jpg





カプリ島が見えてきました!!!

c0180096_6482372.jpg





ここから青の洞窟へ行くためにまた小さな船に乗り換えます。
20人乗りくらいの小さな船なのですが日本人率がかなり高かったです(笑)
小さなボートに乗った人達が船からのロープをつかみ引っ張ってもらってました。

c0180096_649193.jpg





他の船も同じようにボートを引っ張っています。

c0180096_650045.jpg





青の洞窟の入り口が見えてきました~♪

c0180096_6512276.jpg





ここで小さなボートに乗り移ります。 海上で乗り移るのはかなり怖かったです・・・・ 008.gif
ボートには大体2~4人。
そしてここで洞窟内への入場料とボート代を支払うのです。
写真中央のボートはその支払所です。 支払所も海上なんですよ~!

c0180096_6514595.jpg





洞窟への入り口はかなり狭く、波が高いときには入場禁止となることもあるそうです。
普通に座った状態では入れず、全員ボートの床に寝そべった状態にさせられます。
船頭さんは日本語が上手で「アタマ、ヒクク!ヒクク!」と何度も言われました。
水面が下がった時を狙い、船頭さんも低い体勢になりながら鎖を手繰って中に滑り込みます。 噂には聞いていたのですが生きた心地がしませんでした・・・。

c0180096_6562298.jpg





中に入った時の第一印象は、思っていたよりも水の色が濃くちょっと期待はずれでした。

c0180096_791886.jpg





でも洞窟内は結構広く、ボートが移動していくごとに水中の色が変化していくのです!
この青色は半円形の入り口から差し込む光が海底の白い砂に反射する効果で生み出されているのだそうです。 なので太陽の角度や光の加減等々で微妙に色が変化していくのです。

c0180096_710502.jpg





船頭さんが歌を歌い、それが洞窟内に響き渡りました。

c0180096_6584329.jpg





目が慣れてくると狭いと思っていた洞窟内が結構広いということがわかりました。
そしてボートが沢山いました(笑)
混んでいるときには海上でかなり待たなければならないようです。。。

c0180096_6581767.jpg

暗くて揺れてて・・でこんな写真しかなくてゴメンナサイ。
本当はもっともっと綺麗でした!!!





今回お世話になった船頭さん。

c0180096_6591099.jpg

チップは強制ではないのですが、洞窟内に入る前に「ゆっくり回るからいくらチップをくれ」とご自分から言ってこられました。 かなり高い金額だったのですが海の上ではNoとも言えず・・・。 同じボートに乗っていたのは全て日本人。 きっと日本人のチップ支払い率がいいので選んで乗せたのかな、とちょっと意地悪く思いました。 結局一緒に乗っていた方の中でイタリア語を話せる方がいたので、私たちは今コレしかないのでごめんなさい、と最後にみんなで妥当なチップをお渡ししました☆ その方に感謝です!





港に戻りこれからカプリ島内の観光です!

c0180096_75287.jpg


つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪
[PR]

by malulu_cafe | 2009-11-09 07:59

<< 市場 芸術の秋 >>