パリ旅行記◇5 憧れのモン・サン・ミッシェル

++ こちらは2009年12月19~23日に行ったパリの旅行記です ++


世界遺産モン・サン・ミッシェル

ずっとずっと行きたかったのですが、パリから微妙に離れているのでなかなか行くチャンスがありませんでした。


今回、とうとう行くことに!
パリで日本人向けのツアーを申し込み、日帰りバスツアーで行ってきました!!!

c0180096_1385316.jpg

で、何故この写真が冒頭なのか・・・・





天気が悪く、全体の写真が全く撮れなかったのです・・・・・・・・・・・・057.gif

「いつもはもっと手前からよーく見えるんですけどね、今日は全く見えませんねぇ」
とは、ガイドさんのお言葉。

c0180096_140132.jpg





真下に来ても上の方は全く見えません・・・。

c0180096_1392594.jpg





というわけで、少々ピンぼけですがアンヴァリッドにあったモン・サン・ミッシェルの模型をどうぞ♪

c0180096_1574068.jpg

モン・サン・ミッシェルは小さな小さな島に建てられた修道院です。 現在は陸と島を結ぶ道路(堤防)があり、潮の満ち引きと関係なく渡れますが、この道路がなかった時代には引き潮の時に砂地を渡る、もしくは船でしか渡れなかったようです。 しかしこの道路のせいで砂が島の周囲に溜まってしまったので、道路を無くし橋をかける予定だと聞きました。


この修道院の建築が開始されたのは966年なのですが、現地でいただいたパンフレットには708年にこの地に大天使ミカエルを祭る礼拝堂を建てたのがモン・サン・ミッシェルの歴史の始まりとありました。 いずれにしてもかなり昔です。


長い間増改築を繰り返しながら修道院として使われていたのですが、100年戦争時からは要塞としての役割を担い、その後は1863年まで監獄として使用されたそうです。




そんなモン・サン・ミッシェルの名物は・・・・

c0180096_139449.jpg





ふわふわなオムレツです♪ (上のお店ではないレストランで食べました)

c0180096_1404427.jpg

「ヨニンブンネ」と出されたこの巨大なオムレツ、4等分してもかなりの量でした。
焼かれてあるのは表面だけで、なかはフワフワの「泡」状態でした。
すごく美味しいというわけではないのですが、名物オムレツ体験が出来て良かったです。




こんな鍋で作るのだそうです。

c0180096_141892.jpg





お腹を満たした後は修道院の見学です。
やっぱり上の方は見えません。。

c0180096_1414080.jpg





上階の西のテラス部分まで行って初めててっぺんがぼんやりと見えました。

c0180096_1424786.jpg





塔の一番先端にはこの大天使ミカエルの像が立っているそうです。
これがオリジナルかレプリカか・・・忘れちゃいました・・・。

c0180096_1431189.jpg





ここは修道院付属の教会。 1000年~1010年に建設されたものだそうですが、増改築を繰り返しているので同じ空間にさまざま建築様式を見ることが出来ます。 ガイドさんはフランスの方(多分)でしたが、日本語がペラペラだったので詳しく説明してくれました。

c0180096_1433077.jpg





クリスマス前だったのでキリスト誕生の場面の人形が飾られていました。
この時点ではまだ赤ちゃんのキリストは置かれていません。
25日の朝に置かれるのだそうです。

c0180096_1434984.jpg





教会を出ると列柱廊があります。 ぐるりと綺麗な回廊になっています。
緑が綺麗で普通のお庭のようですが、ここはかなり高い所なんです。。。

c0180096_1442068.jpg





こちらは食堂。 その当時食堂は大事な場所だったのだそうです。
丸い天井は木で出来ていました。

c0180096_1444035.jpg





ステンドグラスの模様に貝と壷がありました。 ホタテ貝と薬の壷なのだそうです。
ホタテ貝は巡礼者が腰にぶら下げ「巡礼者」であることの目印に使っていたようです。

c0180096_145485.jpg





これは死者の為のチャペルにあったピエタ像。
首部分が取れてしまっていたので余計に悲しい感じがしました。

c0180096_145301.jpg





修道院内にあった井戸。
飲み水用として使用されていたそうですが、やはり少々塩分が含まれていたそうです。

c0180096_145476.jpg





修道院を出てお土産屋さんのある通りに向かう時に「世界で一番細い路地」と言われているらしい路地を通りました。 スウェーデンのガムラスタンにも細い路地があるのですが、そこよりも細く感じました。
やはり世界一なんでしょうか???

c0180096_146783.jpg





モン・サン・ミッシェル周囲の砂地はこんな感じでした。
満ち潮の時にはここは海底になるのです。 なんだか不思議です。

c0180096_1464837.jpg





帰りのバスの中からすごい夕焼けが見えました。
パリからモン・サン・ミッシェルまでバスで大体4時間ちょっとです。

c0180096_1471030.jpg


ツアーだといろいろな説明があるので個人では見落とすような所まで見れていいのですが、やはりひとつひとつの場所を見る時間が短いのが残念です。 でもバスに乗るだけで目的地に着き、食事も準備していてくれるのですごく楽でした♪

いつかまた天気のよい日に行けたらいいなぁ~と思ってます!


つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪
[PR]

by malulu_cafe | 2009-12-30 06:59

<< 明治神宮はすごい クリスマスシーズンのお菓子たち >>