明治神宮はすごい sanpo

++ こちらは2009年11月~12月に一時帰国した時の記事です ++


先日の一時帰国の時の話です。

東京の真ん中にある明治神宮。
最寄り駅の原宿駅には何度か降りたことがあったのですが、一度も足を踏み入れたことがありませんでした。

今回も直前まで違う目的地を目指していました。

でも、何となく、本当に何となく「行こうかな」と思い、鳥居の前で予定を変更したのです。

c0180096_7111028.jpg





かなり鈍感な私にも空気が澄んでいることがすぐわかりました。
後で知ったのですが、都内でも有名なパワースポットなのだそうです!

c0180096_7135261.jpg





そしてまずは文化館へ。
「明治天皇と明治神宮創建」という展示会が行われていました。

c0180096_7142890.jpg

本当にお恥ずかしいのですが、明治神宮がどういう目的で建てられ今に至っているのかをよく理解していませんでした。 この大きな神宮が人口の森であったことも初めて知りました。 日本人としてとても恥ずかしかったです。。





大鳥居をくぐり左側にある明治神宮御苑へ入りました。
(訂正:すみません、最初新宿御苑と書いてしまいました。。。
前の日新宿で飲んだから??)

c0180096_7144869.jpg





落ち葉で彩られた道が印象的でした♪

c0180096_7254527.jpg





こちらの隔雲亭は明治天皇が皇后様(昭憲皇太后)のために作られた建物です。
戦火で焼けた後再建したものだそうです。

c0180096_715595.jpg





菖蒲田にはいろんな種類の菖蒲が植えられていました。
とても丁寧に手入れをされていました。

c0180096_7152548.jpg





12月の2週目だったのですが、まだまだ紅葉が綺麗でした。

c0180096_7174383.jpg





そしてこちらは「清正井」。 加藤清正が堀ったと言われている井戸です。
加藤清正は熊本のイメージが強かったのでビックリでした。
でもこちらもとても有名なパワースポットなのだそうです。 

c0180096_71635.jpg

ここに辿り着くまで殆ど人と出会わなかったのですが、この井戸の周囲だけ数名の人がいてそれがまずビックリでした。  黒い壷のように見える所の底からこんこんと水が湧き出ているのですが、その近くへは1人ずつしか行くことが出来ません。 1人ずつ水の側でゆっくり時間を過ごし、他の人は静かに順番を待っていました。 この時はパワースポットと知らなかったのですが、確かに異質な雰囲気(いい意味で、です)がそこにありました。

c0180096_717462.jpg





御苑を後にし、本殿へと向かいました。

c0180096_7182939.jpg





一歩中に入ったら、丁度結婚式の方々が入ってこられました。
みんなの目の前をゆっくりゆっくりと横切っていきました。
どうぞお幸せに♪

c0180096_7185411.jpg





その後お参りをしたのですが、そこは撮影禁止になっていました。

c0180096_7191650.jpg







そしててくてく歩いて宝物殿へ。
文化館のチケットに宝物殿のチケットが付いているのです。

c0180096_724425.jpg

が、休み・・・。
土日しかやっていない、と文化館の受付のお姉さんに言われたのをすっかり忘れていました。 ものすごい物忘れに自分で呆れました。





その代わり、宝物殿周囲の景色をゆっくり見ることが出来ました。
仕事の昼休み風のサラリーマン、子供を連れた若いお母さん等々いろんな方がくつろいでいました。 とても和める風景でした。

c0180096_725192.jpg





まったく予定外の観光でしたが、とても心に残る場所となりました。

c0180096_7251986.jpg


パワースポットと言われる理由がよく分かりました。
文字では説明出来ない何かがあるんです。


きっと元旦は沢山の人が参拝するんでしょうね。
本当に一年の初めにふさわしい場所だと思います。



つづく・・

前回記事はこちらです
この旅行記のもくじはこちらです
[PR]

by malulu_cafe | 2009-12-31 08:39

<< よいお年を♪ パリ旅行記◇5 憧れのモン・サ... >>