バルセロナ旅行記◇4 東方三賢人

++ こちらは2010年1月4~7日に行ったバルセロナの旅行記です ++


えっさ ほっさ えっさ ほっさ・・
c0180096_6215844.jpg


小さな頃に意味もわからず覚えた歌を、大人になってから口ずさんで
「こういう意味だったんだ!!!」 と、びっくりしたことありませんか?



昔々、妹が通っていた幼稚園では日曜学校なるものがありました。
その日曜学校は幼稚園の近くに住む小学生も参加出来たのです。

私はクリスチャンではないのですが、最後に貰える綺麗なカードと肝油が楽しみで
時々行っていました。

・・話は飛びますが、肝油懐かしいですよね!
「あぁ、あのどろっとした・・・」  ・・そこまで遡りませんよ!!!
甘い肝油ドロップです♪ あれが大好きでした!




・・・話を戻します。


その日曜学校で覚えた賛美歌のひとつがこちらです。


遠くの東から らくだにまたがって 旅する博士 ようやくユダヤの地

み空に輝いた 星の光の 不思議な導きで 嬉しいしらせ

没薬・乳香と 黄金の宝もの 主イエスにささげ 祝いのしるしです



静かにふける夜 羊も眠る頃 天から声が 響いたベツレヘム

「神には栄えあれ 世界に平和 人には恵みあれ」

嬉しいしらせ 喜ぶ羊飼い 仲間と連れだって

ま舟の中の 主イエスにご挨拶      (こどもさんびか 21番)



とても覚えやすいメロディで、子供心にも歌詞の美しさが染み入り気に入っていました。


大人になってからずーっと忘れていたのですが、スペインのクリスマスには東方から来る三博士が子供達にプレゼントをくれると昨年知り、この歌を思い出したのです。

しかも全て歌えた自分にビックリ。。

意味もわからず歌っていた「もつやくにゅうこうとこがねのたからもの」は
「没薬・乳香と黄金の宝物」で、三人の博士がそれを持っている姿を見て感動しました。


単語を覚えたりはさっぱりダメですが、小さい頃覚えたことって忘れないものですね。。



そんなわけで、
三人の博士はスペインの子供達だけでなく私にとっても大切な人達になったのです。



そしたら・・・


今年はこんなお姿を沢山拝見しました~♪

c0180096_6222072.jpg


c0180096_6235333.jpg






ちょっと干されているような感じも否めませんが・・・・

c0180096_6241635.jpg






これはちょっと怖い・・・  子供泣きそうです。。。
しかも他のお二人はいずこ??

c0180096_6244030.jpg






他の国でよく見かけるのはこんなサンタさんですが、
スペイン的にはやっぱり三人の博士なんでしょうね♪

c0180096_6231430.jpg


しかし・・ 
3人いる博士のうちのおひとりは黒人さんだということは、昨年知りました。
美術館などでもよく見るとちゃんと1人は黒人さんが描かれているんですよね。
ひとつ賢くなりました。


つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪
[PR]

by malulu_cafe | 2010-01-20 07:13

<< ストレスの意味とパウス騒動 えいえいおー! >>