バルセロナ旅行記◇7 美味パエリャ

++ こちらは2010年1月4~7日に行ったバルセロナの旅行記です ++


以前はそうでもなかったのですが、最近の私の旅行はかなり強行軍です。
せっかく行くのだから・・・と観光スポットを出来るだけ廻ろうとしてしまいます。

時間は限られているので、どうしてもゆっくり時間が取れなくなるのが買い物と食事。
買い物はともかくとしてお腹が空くとせっかくの観光も楽しめないので、時間のかからないカフェやファーストフード店を利用したり、予め買っておいたものを歩きながら食べたり・・。


それでもやっぱり異国に行ったらその土地の名物を食べたいなぁと思います。
それも出来たらゆっくりと・・。



今回の旅行では殆どバルを利用したのですが、一度だけレストランに行きました。
(あ、例にもれず日本食レストランには行きましたが・・・)


ガイドブックやネットでもよく紹介されている 「セッテ・ポルタス」 です。
1836年創業の伝統あるお店のようです。
ピカソやダリも来たことがあるらしいです。

c0180096_23372893.jpg

このお店の良い点はパエリャを1人前から注文出来ること。
そして日本語のメニューがあることです。

時間帯によってはかなり人が並ぶようで
私が行った時にもかなり並んでいました。(14時過ぎ頃でしたが)



まずはアンコウのスープ。 

c0180096_23375639.jpg






そしてパエリャ。 これで1人前です。
2人で1人前で十分でした。
昨年も他の街でパエリャを食べたのですが、こちらの方が美味しかったです。
味が少々濃いめでしたが、塩を少なめにと頼むことも出来るようです。

c0180096_23381517.jpg


この他、メインも一皿頼んでいたのですが、もう品切れと言われ結局スープとパエリャだけにしました。 が、これだけでお腹いっぱい。
お店の人にも特に嫌な顔はされませんでした。





そしてデザート2種。 シュークリームは熱いチョコレートをかけて食べます。 
珈琲には小さなお菓子が添えられていました。

c0180096_23383574.jpg


c0180096_2339364.jpg


やっぱりゆっくりした食事はいいものですね!
でもいつも旅行スタイルを見直そうと思いながらも、いざとなると詰め込んでしまうんですよね。。

それでも今回は珈琲ブレイクを沢山取るように心がけました。
ちょっとの休憩でもかなり体力が回復するので、結果的に時間を有効に使えました。






食事の後向かったのが、前回サンタ・マリア・ダル・マル教会。

c0180096_2339213.jpg


この教会は船乗り達によって造られた教会です。

かつてはこの辺が海と陸の境で、危険な航海へと旅立つ人々の安全を海の聖母マリアに祈ったそうです。(地球の歩き方より抜粋)


カタルーニャゴシックという様式の建物とのことですが、質素でありながら優しい雰囲気の空間でした。 どの写真もぶれていてご紹介出来ないのが残念です。


ステンドグラスも素敵でした。
これは他のとはちょっと雰囲気の違うステンドグラスでした。

c0180096_23395922.jpg






船乗りのための教会らしく、母子像の前には船が置かれていました。

c0180096_23401996.jpg






さすがスウェーデンよりも南方の土地です。
日の長さが全然違いました。

c0180096_23403920.jpg


つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪



+ + + + + + + + + + + +


また新しい1週間が始まりますね!
早くも1月の最終週です・・・

お互い頑張りましょう!!! (明日はテストですって・・・・・汗)
[PR]

by malulu_cafe | 2010-01-25 07:04

<< 全力を尽くすということ バルセロナ旅行記◇6 ミロ美術館 >>