アンデース・ソーンに触れる

++ こちらは6月下旬頃の記事です ++


ムーラ(Mora)の町中にある大きな邸宅。

c0180096_97318.jpg






ここはスウェーデンの代表画家
アンデース・ソーン(Anders Zorn 1860-1920)が住んでいた家です。
ソーン・ゴーデンとして公開されています。

c0180096_972330.jpg






スウェーデンの画家というと日本ではカール・ラーションが有名ですが
スウェーデンではソーンも有名です。

現在学校で使っている教科書の芸術の章にも二人の作品が載っています。

c0180096_973682.jpg


中の見学はガイドツアーのみです。(撮影禁止)

彼の描く肖像画は海外でも定評があったようで
お金には困っていなかったようです。
家の中は「お金持ち!」という印象を受けました(笑)
いろいろな電化製品が揃っていて
スウェーデン初の・・というような表現を何度か聞いたように思います。
(あやふやで申し訳ないです・・)


ソーンは収集家でもあり、彼の家、そしてこの後に行く美術館には
彼の収集した芸術品が沢山展示されていました。






ソーン・ゴーデンのすぐ近くにあるソーン美術館
個人の美術館なのでこじんまりとしているかな・・と思っていたのですが
展示品はかなりのボリュームでした。

c0180096_975839.jpg






とても綺麗で印象に残った絵。

c0180096_941899.jpg






こちらは有名な絵。(表現が乏しい・・・)
所有はストックホルムの国立美術館かもしれません。

c0180096_9413085.jpg


絵に関しては殆ど知識がないのですが
ソーンのすごいところは
水彩画で油絵と同じくらいの表現をしていることのようです。

水面の状態、洋服のひだなども
まるで写真を見ているかのように描かれていました。

絵画を印象でしか受け止められない私でも
細部までじっくり見たくなるような絵が多かったです。






上から見た売店の様子。
館内はものすごく混んでいました。

c0180096_981351.jpg






ソーン・ゴーデンそしてソーン美術館の近くには
ムーラ教会があります。
これはソーン・ゴーデンから見た教会。

c0180096_983095.jpg






ムーラ教会にはソーンとその妻のお墓があります。

c0180096_984898.jpg






今まで知らなかったソーンとの出会い。
この旅で一番の収穫でした。

c0180096_9124625.jpg

by malulu_cafe | 2010-10-04 16:37

<< 根津記念館 スウェーデンのお寿司 >>