アビスコ旅行記◇5 ロンバックスフィヨルド

++ こちらは2012年1月に行ったアビスコの旅行記です ++


アビスコとナルヴィク間の車窓からの景色です。 このオーフォート鉄道は、キルナで産出された鉄鉱石を港町ナルヴィクに移送するために造られた路線です。 世界最北の鉄道かと思っていたのですが、ロシアのムルマンスクにある鉄道が最北のようです。 でも欧州では最北の鉄道です。

青っぽい写真は窓を開けて撮ったもの、白っぽくて車内のライトが写っているものは窓ガラス越しに撮ったものです。

c0180096_22182624.jpg






アビスコからナルヴィクに向かう際には、進行方向に向かって右側に座るのがお勧めです。 下記2枚は左側の景色。 それ以外はすべて右側の景色です。

c0180096_22184714.jpg


c0180096_221903.jpg






所々に建物がありますが、あとは見渡す限り大自然のみ。 湖が見え隠れします。

c0180096_2219218.jpg


c0180096_22193457.jpg






凍っている湖。 その上に人がいるのが見えました。

c0180096_22195625.jpg






リゾート地のような集落。 駅にスノーモービルに乗った親子連れが来ていました。 冬の交通手段のようです。 

c0180096_2220293.jpg


c0180096_22213332.jpg






そしてノルウェーとスウェーデンの国境が近付いてきます。

c0180096_22221377.jpg


c0180096_22223244.jpg


c0180096_2222508.jpg






国境はトンネルの中。 そのトンネルを抜けるとロンバックスフィヨルドが目の前に広がります。 列車は峠を徐々に下りながら進んでいくので、景色を眺める角度も変化していきます。 やはり高い位置からの景色が一番すばらしいです。

c0180096_22235895.jpg


c0180096_22241636.jpg


c0180096_22243718.jpg


c0180096_22255399.jpg


c0180096_22261447.jpg


c0180096_22263136.jpg


c0180096_22264634.jpg






そしてナルヴィクへ到着です。

c0180096_2227295.jpg


アビスコへ戻る列車は約2時間後に出発です。 その間、ナルヴィクの街を歩きました。


つづく・・

前回記事はこちらです
この旅行記のもくじはこちらです

by malulu_cafe | 2012-01-27 22:59

<< アビスコ旅行記◇6 ナルヴィクの町 アビスコ旅行記◇4 アビスコか... >>