スイス旅行記◇50 ロートホルン・パラダイスそしてスネガ・パラダイスへ

++ こちらは2011年8月1日~22日に行ったスイスの旅行記です ++


2011年8月8日 【旅行8日目】

リッフェルアルプ(Riffelalp)からスネガ・パラダイス(Sunnegga Paradise)へのハイキングのはずが、シュテリゼーStelisse)という湖を見ようと欲張り心を持ったために思わぬ展開へ。。

c0180096_23484079.gif

スイス政府観光局公式HPよりお借りしました






グリンジゼー(Grindjisee)からは目の前に果てしなく続く坂道をぜーぜー言いながら登りました。 シュテリゼーに行くには私が歩いたコースの反対であるブラウヘルト(Blauherd)から歩くコースほうが楽です。(と言っても再びブラウヘルトに戻るのであれば一緒ですが・・) ブラウヘルトから出発し、リッフェルアルプへ向かうとか、シュテリゼーやグリンジゼーを見た後、スネガ・パラダイスに向かうのが楽しそうだな、と思いました。

c0180096_22152136.jpg






途中でオーバーロートホルン(Oberrothorn)に登ってきたという日本人の方にお会いしました。 海外でこうやって声をかけてもらえるのは嬉しいことです。

c0180096_22153468.jpg






そんなこんなでシュテリゼーを目指したのですが、何だかうまく辿りつけず、気が付けばブラウヘルトへどんどん近付いていました。 ブラウヘルトはロートホルン・パラダイス(Rothorn Paradise)行きのロープウエイの駅があります。 戻るのも時間がもったいないので、ブラウヘルトを目指し、ロートホルン・パラダイスへ行くことにしました。 下の写真の一番高い所にロートホルン・パラダイスがあります。

c0180096_22154785.jpg






小さい子が歩いていると、私も頑張らなければ・・と励まされました。

c0180096_22155732.jpg






ブラウヘルトからロートホルン・パラダイス行きのロープウエイはかなり大きいサイズでした。 日本からのツアーの方々と一緒になり、そのお話を傍から聞かせていただいているだけでも楽しかったです。 そうそう、ブラウヘルト駅の標高は2588mです。

c0180096_22161083.jpg






ロートホルン・パラダイスにはレストランや展望台などがありました。

c0180096_22162092.jpg






標高3100mからの眺め。 時刻は15時半頃です。

c0180096_2216321.jpg


c0180096_22164324.jpg






人の形をしています。 真ん中の石は心臓でしょうか。

c0180096_22183436.jpg


このロートホルン・パラダイスからシュテリゼーなどを経由しスネガ・パラダイスへ向かうコースも楽しそうです。 体力のある方はオーバーロートホルンを目指すのもいいかもしれません。 ロープウエイから見ていたら、ロートホルン・パラダイス駅からブラウヘルト駅を目指して、ロープウエイの真下を歩いている方も結構いました。





ブラウヘルトへ戻り、ロープウエイでスネガ・パラダイスまで下りました。

c0180096_22185575.jpg






空中からシュテリゼーが見えました! どこで道を間違えたんだろう。。。

c0180096_22192984.jpg






スネガ・パラダイス駅に到着です。

c0180096_22195513.jpg


c0180096_2220623.jpg






スネガ・パラダイス駅は標高2288m。 ツェルマットの街とは地下ケーブルで結ばれており、それを利用すると3分でここまで来れちゃうのです。(地下ケーブル駅はちょっと町外れにあります)

スネガ・パラダイスには気持ちのいい展望台があります。 ここでゆっくりしてケーブルカーでツェルマットへ行こう~と思いました。 時刻は16時10分でした。

c0180096_22202296.jpg


c0180096_22203744.jpg


++ 参考・引用:地球の歩き方 ++



つづく・・

前回記事はこちらです
この旅行記のもくじはこちらです
[PR]

by malulu_cafe | 2012-06-16 23:29

<< スイス旅行記◇51 スネガ・パ... 鬼怒川温泉 >>