ミュンヘン・ザルツブルク旅行記◇15 ニンフェンブルク宮殿 アマリエンブルク

++ こちらは2013年9月に行ったミュンヘン・ザルツブルク旅行の記録です ++


【 旅行4日目 】

ニンフェンブルク宮殿の庭園は20ヘクタールととても広く、その庭園内にはいくつかの建物があり見学することができます。 ただ広いのでかなり歩きます・・。

c0180096_1831058.jpg






ここはアマリエンブルクという狩猟小屋として使われていた建物です。 神聖ローマ帝国皇帝カール7世が妻アマリエのために作ったと言われています。(カール7世はバイエルン選帝侯カール・アルブレヒトのこと。アマリエはヨーゼフ1世の娘。) 小屋と言っても内部は豪華! というのも、建築者はレジデンツで見学したクヴィリエ劇場を建築したクヴィリエなのです。

c0180096_18311766.jpg






入り口がちょっと分りにくかったです。 上の写真の裏側に回り、建物に向かって右側の所から入ります。 入り口ではないドアを、無理やり開けようとして注意されていた観光客が沢山いたので要注意です。

c0180096_1914164.jpg






1734年から1739年にかけて造られたというこの建物。 現在もこうやって残っているなんてすばらしい。

c0180096_18312836.jpg


c0180096_18314218.jpg






ここがこの建物で一番の見所、鏡の間です。 壁に鏡が埋め込まれています。 この建物がヨーロッパ・ロココ建築の傑作というのもうなずけます。

c0180096_1832447.jpg


c0180096_18321352.jpg






そして台所。 模様の美しいタイルで囲まれ、本当に素敵でした!

c0180096_1833212.jpg


c0180096_1833128.jpg


c0180096_18332167.jpg






殆どのタイルには花とかが描かれていたのですが、中国風のデザインのタイルもありました。 その当時のトレンドだったのでしょうか。

c0180096_18334242.jpg




台所の天井。 ここにも中国っぽい絵が描かれています。

c0180096_18333273.jpg






ベッドルームも豪華です。

c0180096_18315183.jpg


c0180096_18335165.jpg


c0180096_1834115.jpg


狩猟小屋と呼ぶには勿体ない建物でした。


つづく・・

前回記事はこちらです
この旅行記のもくじはこちらです
[PR]

by malulu_cafe | 2014-05-30 01:13

<< ミュンヘン・ザルツブルク旅行記... ミュンヘン・ザルツブルク旅行記... >>