<   2009年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

南イタリア旅行記◇19  ナポリのドゥオーモ

++ こちらは2009年6月27日~7月11日に行った南イタリアの旅行記です ++


2009年7月1日 【 旅行5日目 】  ++ in ナポリ ++

ドゥオーモという響きを聞くと「冷静と情熱のあいだ」を思い出してきゅんとします(笑)

c0180096_2240481.jpg






私は信者ではないのですが、教会の厳かな雰囲気が好きです。 ナポリの街の雰囲気にまだ慣れず、少々緊張しながら歩いてきたので入った瞬間はちょっとほっとしました。

c0180096_22402833.jpg


このドゥオーモ、見かけはそれ程古く感じないのですが、古い教会や礼拝堂の上に建てられているので所々にその名残や、古い教会の遺跡なども残っているようです。

あまりゆっくり見学出来なかったので各部屋の名前や位置がはっきりわからず、正確にご紹介することが難しそうです。 教会の外に観光客用の看板があり日本語の説明もありましたのでそれを転記しますね。

=====
アッスンタ(被昇天の聖母)に捧げられたドゥオモは、古代司教座教会の上に建てられた。14世紀アンジュー様式の建物の中には、泉の聖ジョヴァンニ(ヨハネ)洗礼堂と聖レスティトゥータ教会の一部が保存されており、異なる様式の重なりを見ることができる。バロックの魅力を存分に味わえる聖ジェンナーロの宝物礼拝堂や考古学遺跡など、歴史的・芸術的価値にあふれた見学地といえる。
=====








こちらは正面に向かって右側にあった礼拝堂。 聖レスティトゥータ教会の一部かな・・と思うのですが定かではありません。

c0180096_22411450.jpg






祭壇の下に続く階段がありましたので行ってみました。

c0180096_22413519.jpg






地下には何かが祀られていました。 ここのドゥオーモには聖ジェンナーロの血液が入った壺が保管されているそうです。 その血液は年2回の祭りの日に液化するという奇跡を起こすのだとか。 最初これかな?と思ったのですが、どうやら場所が違うようです。

c0180096_2242150.jpg






でもこうやって見守られていました。

c0180096_22421350.jpg






そして正面に向かって左側にあった礼拝堂の入り口です。 あまりに豪華だったので入場料を取られるのかな?と入るのを躊躇してしまいました(笑)

c0180096_2243471.jpg






とにかく豪華でした! これが正面の祭壇。

c0180096_22433756.jpg






祭壇の左側。

c0180096_22435356.jpg






そして祭壇の右側です。 聖書の内容にもっと詳しければ、こういう展示物を見る時に役立つのになぁ・・と毎回思いながらもなかなか読むまでには至りません。

c0180096_224449.jpg






こちらはドゥオーモ近くのお店。
この服はお土産???と、ちょっとびっくりでした。

c0180096_22502298.jpg


つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪







c0180096_6232573.jpg9月29日
今日も何故かお好み焼き+広島焼き+焼きそばという献立だったので、バタバタして写真を撮り忘れました・・。

余りものをタッパーに詰めたらお弁当のようになりました♪
明日はこれを昼ごはんにしましょう~
でもお弁当にはやっぱり揚げものが欲しくなります。。
あと子供のようですが赤いウィンナーも大好きです 012.gif


[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-30 06:39

秋のお花屋さん


寒いのは嫌ですが秋の景色は大好きです♪
気温は低くなってきているのに景色から温かさを感じるのはどうしてでしょう。。

c0180096_1862010.jpg





寒さに負けずお花屋さんは頑張っています。 お花だけ見ていると春みたいですね♪

c0180096_1863629.jpg





秋になってからよく見かけるこのお花。(お花と言っていいのかな???)
よく見かけるのは薄紫のようなピンク色のような色なのですが、この日はいろんな色が揃っていました。 昔々にお祭りで見た色の付いたひよこを思い出しちゃいました・・。

c0180096_1864862.jpg

お花屋さんでは勿論切花も売っていますが、何となく鉢植えを買っていく人の方が多いように感じます。
私も今度何か買ってみよう~♪








c0180096_6532717.jpg今日の夕食は先日の残りのカレーと昨日の残りのミートボールやポテトを食べました。
はい、あまりもの大会です(笑)
私は何を作ってもいつも多目になってしまい、いつも余ってしまいます。 それを上手くアレンジして他のお料理に変えればいいのでしょうが、まだまだそんな技は持っていません・・。

抹茶のベーグルを作ろうと思ったら抹茶を入れ忘れて普通のベーグルになってしまいました・・。
何だかプンプンと怒っている様な感じに仕上がりました(笑)


[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-29 07:20 | スウェーデン生活

IKEAごっこ♪


IKEAの食材を使ってIKEAのレストランメニューに挑戦しました♪
(挑戦って程でもないのですが・・・・)

c0180096_359585.jpg





本物よりも控えめな量で(笑) でもジャムは足りなくて追加しちゃいました。
こちらではミートボールにジャムを添えるんです。 最初はびっくりしましたがこれがなかなか合うんですよ。 茶色いソースは前回説明書き通りに作ったらかなり濃かったので、今回は薄めに作りました。 しゃばしゃばですがこのくらいの薄さのほうが私は好きです♪
(水とクリームで作るように書かれてあったのですが牛乳で作りました)

c0180096_414295.jpg




+ + + + + + + + + +


話は変わりますが、先週末知人とごはんを食べに行きました。
アジア風のお店だったのですが、かなり和食を意識した感じでした。
少々惜しい点もありましたが、かなり頑張ってました♪ (何故か上から目線・・)

写真が暗くて申し訳ないのですが・・・
こんな感じに小皿で出てくるところが和風っぽいですよね~♪
角煮、餃子、鮭のマリネ、牛たたき、天ぷら、太巻き・・等々です。

c0180096_18102479.jpg





これは天ぷらの盛り合わせ。 野菜だけでしたが・・(笑)
でも美味しかったです!

c0180096_18103668.jpg





串焼きの盛り合わせ。
お猪口に入っていたのはマンゴーっぽいソース(ジャム?)でした。

c0180096_1810488.jpg

上記お料理とドリンクが2杯×3人、それで大体9000(900の間違いでした~)クローナ位。 日本円だと1万円を超えます。 スウェーデンで夜に外食したことがあまりないので、この値段が高いのか安いのかよく分からないのですが・・・
でも美味しかったし、久々に夜の街で飲めたので満足です♪




で、その時知人から貰ったお土産です・・・

c0180096_402725.jpg

マリー・アントワネットのボディスクラブ。
ローズの香りに包まれて薫るようなプリンセス肌に。なれるそうです☆ 010.gif
[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-28 07:48 | スウェーデン生活

南イタリア旅行記◇18  ナポリ街歩き

++ こちらは2009年6月27日~7月11日に行った南イタリアの旅行記です ++


2009年7月1日 【 旅行5日目 】  ++ in ナポリ ++

今日はナポリ市内観光です♪
まずは街の様子を眺めながら歩きました。

サンタ・カテリーナ・ア・フォルミエッロ教会

c0180096_4134996.jpg






カプアーナ門

c0180096_4142466.jpg






カプアーノ城。 ・・・とこの辺は外から眺めただけです。

c0180096_4145264.jpg






ナポリの街はこんな感じの所が多かったです。

c0180096_4151674.jpg






ここは両側にお店が並んでいた細い路地。

c0180096_4154170.jpg






ここはその細い路地と交差していたもっと細い路地。
ナポリは何処へ行っても洗濯物がよく目に入りました。

c0180096_416641.jpg






魚屋さん。 ちょっと日本の魚屋さんっぽかったです。
品数が豊富で羨ましかったです・・。

c0180096_4165414.jpg






ドゥオーモの裏手にあった小さな広場。

c0180096_4172313.jpg






そしてここが今日一つ目の目的地ドゥオーモです♪

c0180096_4174756.jpg


つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪







c0180096_6362957.jpg9月26日夜ごはん
◎カレーライス
◎野菜サラダ
◎冷奴(豆腐を作ってみましたが失敗でした・・)

昨日初めて手作り豆腐に挑戦してみました。こちらに来る時ににがりを持って来たのですが、なかなか重い腰が上がらず延ばし延ばしにしていました。で、意を決して作ってみたのですが失敗でした~。でも何となくコツが分かったような気がするのでまた近いうちにリベンジしてみます☆
お見せできる日が来ますように・・・


[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-27 07:10

バスとトトロ


大聖堂の近くに古いバスが停まっていました。

c0180096_1848112.jpg





趣があるなぁ・・と「となりのトトロ」を思い出しました。

c0180096_18485620.jpg





そしたら!!!!





トトロ発見~♪

c0180096_1849533.jpg

[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-26 19:26 | スウェーデン生活

教会の遺跡 in シグテューナ


スウェーデンの古い町のひとつに数えられているシグテューナ。 先日はメインストリートを中心に町の様子をご紹介しましたが、まだまだ見どころがあるんです。

それは教会の遺跡。 中世時代には7つの教会があったそうですが、現在はそのうちの3つが残っています。 建てられたのは12~13世紀頃で16世紀頃まで実際に教会として使用されていたそうです。


「聖ペール教会」

c0180096_7103067.jpg





「今日はおやつありませんよ」
「えーーーーーーーー! 」
と、いうような顔に見えませんか???

c0180096_7112597.jpg





「聖ラーシュ教会」

c0180096_7124336.jpg





恥ずかしがりやさんの教会でした。

c0180096_71381.jpg





「聖ウロフ教会」

c0180096_714421.jpg





3つの教会の中で一番状態がよかったです。 石や煉瓦の積み方を見ているとワクワクしてきちゃいます。

c0180096_7151327.jpg





聖ウロフ教会のすぐそばに建っているのが1248年築の「聖マリア教会」です。
以前は修道院だったようです。

c0180096_716229.jpg





教会の中には古い壁画が残っていました。 パンフレットには1300年代と1500年代からのものがある・・と書かれてあったのですが、どれがどの時代のものなのかよく分かりませんでした。 でも色使いや絵が可愛らしくてとても素敵でした。

c0180096_7173165.jpg


c0180096_7182036.jpg


c0180096_7185087.jpg





教会の入り口近くにあったパイプオルガン。 丁度演奏を聴く事ができました。
パイプオルガンの音色って本当に心が穏やかになりますよね。 大好きです。

c0180096_7191999.jpg


全て感じの良い街でした。 是非また来たいです♪


参考・引用:シグテューナ観光案内所の日本語版パンフレット








c0180096_18101645.jpg9月24日夜ごはん
◎広島焼き


全てぐるぐる混ぜて作るお好み焼きも綺麗に仕上げることが出来ない不器用な者にとって広島焼きはハードルが高すぎます・・。
でも初めて形ある状態で出来上がりました~041.gif 
キャベツが硬いのが分かっていたのでレンジでチンしてから挑んだのですが、やはり硬かったです・・。でもこういうキャベツなので仕方ないですよね♪ 普通のお好み焼きもまた頑張ってみよう~ 


[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-25 18:27 | スウェーデン生活

南イタリア旅行記◇17  古代都市ポンペイ②

++ こちらは2009年6月27日~7月11日に行った南イタリアの旅行記です ++


2009年6月30日 【 旅行4日目 】

「いらっしゃいませ~♪」という声が聞こえてきそうですね。

c0180096_65437.jpg


エルコラーノにもポンペイにも沢山あったお店らしき跡。
オリーブオイルやワインなどが売られていたのでは・・と言われているそうです。
このカウンターの下にはまんまるな壺が埋め込まれているんですよ。







ポンペイもエルコラーノ同様沢山の芸術的作品が残されています。
現代に生きる私達は2000年前の世界を何もなくて不便な社会・・と思いがちですが、ここでの生活スタイルを見る限り今とそれ程変わりないように感じました。 きっと考え方や感じ方もそれ程違いがないのでは・・と思います。

c0180096_665612.jpg






商店の壁に書かれた落書き・・。 昔の落書きの方がお上品ですね(笑)

c0180096_671519.jpg






ポンペイの壁画は赤を基調にしたものが多かったのですが、青色も素敵でした。

c0180096_674783.jpg



以前、焼き物か浮世絵かなにかの展示会に行った時に「青色」を出すのがとても難しいと聞いたことがあります。 ナポリ博物館にはこのポンペイ遺跡の壁画なども展示されており色々な説明があったのですが、あまり読むことが出来ず残念でした。(時間的な問題ではなく語学的な問題で・・)何で着色したのかとか、どうやって色があせないようにしたのか等々もっと詳しく知りたかったです。


c0180096_67595.jpg






少々「大人の絵」も沢山ありました(笑)
ポンペイは快楽の町だった・・という解釈も聞いたことがありますが、ガイドブックによるとポルノっぽい絵は魔除けのお守りの意味もあったようです。

c0180096_682310.jpg






あまりにも現代的な作品が多かったので、こういう動物の群れを見てやっと昔の絵なんだなぁと感じました。

c0180096_6103188.jpg






そして床のモザイク。
私はモザイクを見ると何故か心が躍ります! 人それぞれそういうものがありますよね。 私の知り合いの中に影絵(それもアジア系のもの)を見ると必ず心が動く・・という方がいました。

c0180096_6105542.jpg






これは有名な「鎖につながれた犬」のモザイクです。 「悲劇詩人の家」と名付けられた家の入り口付近にあります。 絵の下には「猛犬注意」と書いてあるのだそうです。

c0180096_6111847.jpg






こんな感じの像も沢山ありました。

c0180096_615328.jpg






「牧神の家」にある牧神の像。 これはコピーで本物は博物館に展示されています。
小さく見えますが、はい、小さいです☆

c0180096_6155665.jpg






本当に広いポンペイ遺跡。 だんだん閉館時間が近付いてきました。
でも絶対に行きたい所がまだひとつ残っているんです・・。
そこは町からちょっと離れたところにあるので早足で向かいました。

c0180096_6191661.jpg






その場所とは町外れにぽつんとある「秘儀荘」という建物です。
大小60の部屋からなる大邸宅なのですが、何が行われたところかよく分からないのでこのような名前が付いています。 が、一説によると秘教の儀式が行われていたのではないか・・とのこと。 ここの一室にある壁画がとてもすばらしいのです!

c0180096_6171480.jpg






この背景の赤は「ポンペイの赤」と呼ばれ現代でもこの色は再現できないと聞いたことがあります。

c0180096_6181857.jpg


と、ここでカメラのバッテリーが切れました。。。
閉館ぎりぎりの時間だったのでもう観光客はいませんでした。 がらーんとした遺跡の中を歩くのはちょっぴり怖かったです。


+ + + + + + +

大噴火による灰は建物だけでなく逃げ遅れた人々の上にも積りました。 その後灰の下で遺体が腐りそこには人の形をした空洞が残っていたそうです。 そこへ石膏を流して遺体の姿を再現したものが沢山ありましたがあまりにもリアルなので写真は控えました。 それらを見て本当にこの町は実在していたんだなぁ・・と実感しました。


最後にちょっぴりしんみりしちゃいましたが、本当にすばらしい遺跡でした。
また行く機会があればいいなぁ・・と心から思ってます。

参考・引用:地球の歩き方



つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪







c0180096_1751015.jpg9月23日夜ごはん
◎魚のソテー
◎野菜炒めとパスタ
◎野菜サラダ
◎若芽の酢の物

生のお魚が少ないので調理するのは殆ど冷凍の魚です・・。まだあまりいろんな種類に手を出していないのでいろいろ試していこうと思います。と言ってもそれ程種類はないのですが。。でもやっぱり秋は秋刀魚が食べたいですー!大根おろしとお醤油で食べたいなぁ・・。


[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-24 20:02

落し物


北欧は春と秋が殆どなくて夏と冬だけしかない・・と聞いたことがあります。
確かに夏といってもそれ程暑くないので、夏と春秋の境目がよくわかりません。
でも今は明らかに夏ではない冬でもない、秋です。

青い空も夏のそれよりも高くて澄んで見えます。

c0180096_1852310.jpg





落ち葉も大分増えてきました。
もさもさの林もあっという間にすかすかになりそうです。

c0180096_18522919.jpg





前の冬の落し物でしょうか。 持ち主のところに無事帰れますように♪

c0180096_18524865.jpg








c0180096_23193050.jpg9月22日夜ごはん

手際が悪いのでなかなか要領よく料理が出来ません。時間がかかった割には出来上がりがしょぼかったりといつも反省ばかりです。野菜を沢山食べなきゃ・・と思って野菜のことばかり考えて作っていると、食べながら物足りなくなって冷凍してあったコロッケを揚げてみたりと何だかいまひとつの日々が続いてます。。
困った困った・・・。


[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-23 23:45 | スウェーデン生活

南イタリア旅行記◇16  古代都市ポンペイ①

++ こちらは2009年6月27日~7月11日に行った南イタリアの旅行記です ++


2009年6月30日 【 旅行4日目 】

エルコラーノを後にし向かったのは有名な古代都市ポンペイです。

c0180096_5454281.jpg






何故2000年経った今でもポンペイそしてエルコラーノの街が残っているかというと、79年8月24日にヴェスーヴィオ火山が大噴火し2つの町を灰で閉じ込めてしまったのです。 街の発掘が開始されたのは18世紀。 それまで街は地下で眠り続けていたのです。 下の写真の正面に見える山が噴火したヴェスーヴィオ火山です。

c0180096_5461365.jpg






ポンペイもエルコラーノ同様整備が行き届いた立派な街でした。

c0180096_548465.jpg






そして広い!

c0180096_5484837.jpg






広い!!!  ・・・とにかく広いのです。

c0180096_5491916.jpg






エルコラーノとの大きな違いは大きな施設が沢山あることでした。
小さいほうの運動場と呼んでいましたが「拳闘士の宿舎」のようです。
回廊部分は入ることが出来ました。

c0180096_5501215.jpg






そして大きいほうの運動場。 「大体育場」とガイドブックには載っていました。
中に入れなかったので外から覗き込んだだけです。

c0180096_5542880.jpg






「大劇場」。 こちらも入れず上から覗き込んだだけです。
今でも夏にはオペラやバレエを開催するそうです。

c0180096_550529.jpg






「オデオン座」と呼ばれている小劇場。
音響効果もあるのでしょうか。 観光客の方が「帰れソレントへ」を歌っていました。
本格的な歌声に一同大拍手!

c0180096_5511212.jpg






「円形闘技場」。 1万2000人収容できるそうです。 後日博物館でここで繰り広げられた血なまぐさい見世物の絵を見ることが出来ました。

c0180096_5545959.jpg






かなり広いです。

c0180096_5555515.jpg






大きな施設だけでなく各家々もエルコラーノ同様立派に残っていました。

c0180096_614528.jpg


c0180096_621375.jpg


ポンペイにも壁画やモザイクが沢山ありました。 次回はそちらをご紹介します♪


つづく・・

この旅行記の前回記事はこちらです♪
この旅行記のもくじはこちらです♪








c0180096_18182226.jpg9月22日朝ごはん
夜はあるもので適当に、朝も残り物で適当に・・・と適当なごはんが続いて反省です。こちらのキャベツはものすごく実が詰まっているというか葉が立派すぎるというか、とにかく硬いんです。日本のとんかつ屋さんで山盛り出てくるような柔らかい千切りキャベツが食べたいのですが、頑張っても百切りにしかなりません。厚みがあるので頑張って細く切っても意味がないというか・・・。生もそれなりに美味しいのですが顎が疲れるので最近は軽く茹でたり炒めたりしてモリモリ食べてます。写真のキャベツの量はちょいとよそ行きです。実際にはこの5倍位食べてます☆


[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-22 18:43

シグテューナ街歩き


先日ちょこっとご紹介したシグテューナ。
日本のガイドブックには「シグトゥーナ」と書いてあるのですが、観光案内所に置かれてあった日本語の説明書には「シグテューナ」と書いてありました。 なのでここでは本場の意見を採用して「シグテューナ」と書かせてもらってます。 でも普段日本人同士で喋る時には「しぐちゅーな」です(笑)


ではシグテューナの街の様子をご紹介します♪

この可愛い建物が市庁舎です。 1744年に建てられたものだそうです。

c0180096_656797.jpg





市庁舎の前でやっていた八百屋さん。

c0180096_6563453.jpg





公衆電話。

c0180096_6571472.jpg





ここは観光案内所なのですが、建物は1700年代のもので以前は宿屋・私邸として使用されていたそうです。 「ドラーケゴーデン」の名前に相応しくドラゴンが飾られていました。

c0180096_657414.jpg





ここは何でしょう~♪

c0180096_658778.jpg





映画館でした~♪

c0180096_6584190.jpg





スウェーデンの最初のコインは995年にシグテューナで鋳造されたそうです。
当時の鋳造所を復元したものがこちらです。

c0180096_6592812.jpg





そしてこちらはミュージアム。
ヴァイキング時代や中世時代の遺跡品などが展示されていました。

c0180096_70428.jpg





メインストリートから外れると大きな広い空間に出ました。
この家々の反対側には・・

c0180096_712191.jpg





大きな大きな湖、メーラレン湖があります。(ちょっと水が濁っていました・・)

c0180096_714963.jpg

長い歴史を持つシグテューナには古い教会の遺跡もあるんです。
次回またご紹介しますね♪

参考・引用:シグテューナ観光案内所の日本語版パンフレット

[PR]

by malulu_cafe | 2009-09-21 22:20 | スウェーデン生活